会長ごあいさつ
全技協の概要
全技協の組織
全技協の沿革
各関連機関との関係
全技協の活動内容
取り扱い商品について
全技協への入会について
よくある質問

トップページ全技協の活動内容> 将来の展望

将来の展望

環境の変化に耐えられる協会組織への変革

今後とも協会が存続し、会員相互の技術と資質の向上を図り、自動車保険の健全な発展に寄与していくために、様々な見直しをしていく。特に重要な点は次の2点であり、重要課題として取り組んでいく。

  • 協会組織や規約・運用を、時代に即して変更し、環境の変化に耐えられる組織体制としていく
  • お客様のニーズを把握し、アセスプロⅡの抜本的な見直検討を継続していく

支部および本部運営委員会、常任理事会等で施策の検討、実施。

  1. 活動方針に掲げた「全員参加で支部活動の活性化」を継続して推進する。
  2. 会員数の維持、拡大を図り、支部活動の充実拡大を図る。
  3. 支部に配置された「特別研究員」「商品改善担当者」を中心とした支部研修会の開催と内容の充実を図る。
  4. 各会員において営業活動を行い、業務量の確保策に取り組む。

協会情報の一層の電子化推進

  1. 迅速な情報の伝達や、利便性の向上のために、定期送付していた各種資料の電子化、並びに全技協ホームページを利用した情報提供を進めていく。
  2. 会員用会員名簿の電子化を行う。

このページの先頭へ