会長ごあいさつ
全技協の概要
全技協の組織
全技協の沿革
各関連機関との関係
全技協の活動内容
取り扱い商品について
全技協への入会について
よくある質問

トップページ全技協の活動内容> 商品改善運動の定着

商品改善運動の推進

商品改善研修会の実施

2020年度は下記のテーマを予定し準備を進めて来たがが、コロナウイルス感染防止の観点から2021年度に開催とする。
《参考:2020年度に予定をしていた研修内容》
会員のレベルアップを目的として以下の取組を行う。

  1. 本部企画の商品改善研修
    「時事テーマ」、「専門テーマ」を取り上げる。
    「時事テーマ」は、「自動車の運動特性と損傷診断」と、今回から継続企画を予定する「指数テーブルマニュアルQ&A」を行う。
    「専門テーマ」は、「①新型プロフィア右側面、②レンジャー冷凍冷蔵庫後部、③デュトロ右前部、の損傷事例の研修」を行う。
  2. 支部主催の商品改善研修
    支部長・特別研究員・商品改善担当者が中心となり、各支部のニーズに合った研修の実施を行う。

アセスレポート(調査報告書作成支援システム)の活用

協会独自の本システムを積極的に活用し、適時、適切な「工程管理」の実施や「調査報告書」の内容を一層充実させることにより、商品改善を推進する。

このページの先頭へ