会長ごあいさつ
全技協の概要
全技協の組織
全技協の沿革
各関連機関との関係
全技協の活動内容
取り扱い商品について
全技協への入会について
よくある質問

トップページ> 全技協の活動内容

全技協の活動内容

全技協をさらにお知りいただくために、本年度の活動方針をご紹介します。

2018年度スローガン

■ 「信頼」と「技術」で示そう 全技協 
   困難な時代を乗り越え 
              切り開く未来!  ■

活動方針

自動運転、EV推進、超高張力鋼鈑やアルミ材の普及などの技術改革や、所有からシェアーする自動車利用の意識変化など、業界を取り巻く環境の変化は、更に進みつつあり、事故発生率の減少や、保有台数の減少は、最早疑う余地はありません。

この厳しい環境の中では、従来以上に新しい技術を研究し、お互いに切磋琢磨していく必要があり、その重要度が益々高まっていると考えます。これまでの経験と新しい知識を武器にして、保険会社・共済組合等に属さない独立した中立の立場である我々の存在感を高め、100年に一度といわれる自動車業界の変革を乗り越えていきましょう。

2018年度のスローガンは2017年度スローガンを引き継ぎ、活動方針も基本的には引き継いでまいります。

本年度、下記の活動方針を掲げ取り組む。

  1. 付加価値の高い商品提供を!!
    適時、適切な工程管理による損害調査業務の推進。<重点>
  2. 全技協会員の「行動基準」の徹底と「商品改善運動」の積極展開。
  3. 会員の全員参加で支部活動を活発に実行。
  4. 後継者の育成推進と、研修体制の充実。
  5. 時代に即した協会組織、協会運営への改革。

上記基本方針をもとに具体的に以下のことを実施する。

全技協のコンプライアンス基準

2007年4月に「全技協コンプライアンス基準」を作成し、各会員に配布しました。お客様や取引先との間に公平、中立な取引関係を作り、業界から信頼される業務の遂行が図れるよう仕向けています。

個人情報取扱の対応

2005年4月個人情報保護法の全面実施を前に、2005年2月「個人情報に関わる乗合アジャスターの具体的な対策」を策定し、各会員に配布し、徹底を図っています。

当協会の個人情報保護方針

個人情報保護方針(PDF/64KB)PDF

活動内容

商品改善運動の定着 行動基準の徹底 会員への業務委託
将来展望パートⅡの展開 技術研修 アジャスターニュースの発行

このページの先頭へ