会長ごあいさつ
全技協の概要
全技協の組織
全技協の沿革
各関連機関との関係
全技協の活動内容
取り扱い商品について
全技協への入会について
よくある質問

トップページ> 全技協の概要

全技協の概要

名称 全国技術アジャスター協会(略称「全技協」)
All Japan Independent Adjusters Association (略称「JAA」)
全国技術アジャスター協会は、損保協会に登録されている技術アジャスターおよび特殊車アジャスターで、入会審査で承認され入会した者(以下会員という)により構成されている任意団体です。
設立 1975年(昭和50年)9月
・乗合アジャスターの全国組織として設立
所在地 〒101-0032
東京都千代田区岩本町3-4-6 トナカイタワーズ2階
TEL 03-3864-8841
FAX 03-3864-8819
電子メール jaa@zengikyo.gr.jp
役員 会長・副会長・専務理事・常任理事(支部長)・監事
会員数
(2017年5月現在)
全技協所属
304名
損調会社所属
9名
合計
313名
資格内訳
(2017年5月現在)
2級技術
228名(内特殊車:17名)
3級技術
64名
初級見習
12名
全技協の活動内容
  • 総務関係・・協会所属のアジャスターの登録、試験、基礎研修、福利厚生など会員に係わる基本業務を行っています。
  • 技術研修関係・・会員への技術資料・情報の提供、ランク試験対応研修等のほか、会員の得意専門分野である「輸入車」「トラック」「特殊車両」については、教育チームを設置し、技術研究員・特別研究員が資料の収集、教材の作成、研修会の実施にあたっています。
  • 事業関係・・「輸入車」「トラック」を中心とした事故車修理費簡易見積りシステム【アセスプロII】を2002年にコグニビジョン(株)と共同開発し、システムのメンテとデータ作成を全技協が、販売をコグニビジョン(株)が行なっています。また、全技協発足以来、事故車損害見積の基礎資料となっている自動車部品価格表【アジャスターパーツガイド】の作成と販売も行っています。

全技協本部の所在地・地図

このページの先頭へ